筋肉痛が快感。

結婚の「け」の字も見えない、ごく普通の一般人、転職続きのダメOLが社畜卒業を目指して奮闘します!

MENU

【社畜卒業】自分を変えたい、環境を変えたい!

魔の日曜の夜なり・・・

皆さまいかがお過ごしでしょうか?

 

ケリーは、日曜の夜の恐ろしいこと・・・

それでもなんだかんだブログを書けているのは

かかりつけ医の先生のおかげでしょうか。

 

今日、こちらの記事に出会いました。

bloodymike.com

まいくさんは、社畜卒業済みで、

投資とブログで生計を立てられているそう。

こちらの記事以外にも、とても為になる記事がいっぱいありました。

 

人が変わる方法は3つしかない」は、経営コンサルタント大前研一さんの言葉としてとても有名です。

人間が変わる方法は3つしかない。1つ目は時間配分を変えること。2つ目は住む場所を変えること。3つ目は付き合う人を変えること。

 

1. 時間配分を変えること。

ケリーがそれをするとすれば、仕事を変えること・・になるでしょうか。

まいくさんもサラリーマンを辞め独立することで時間配分が大きく変わったそうです。ただし、まいくさんの場合は、サラリーマン時代に第2の収入源をきちんと準備された上でのことです。

会社員は基本9-17時の仕事で残業は当たり前、職場と仕事の単純往復で

帰宅後は疲労で何もする気にならない。なんて生活になりがちですよね。

それでも会社員生活が合う方は多くいるし、かたや疑念を抱く人も多くいるわけで・・・ケリーは後者なわけで・・・

正社員の今の仕事から、時間の融通が利く派遣やアルバイトに変える方法もありますが、見切り発車が許される年齢でもないので、しっかり準備したうえで実行したいと思います。

 

2. 住む場所を変えること。

現在実家暮らしをされている方は、住居費をそのまま貯金に回せますよね。

一人暮らしをされている方で実家から会社に通える距離なのであれば、頭下げて一時期実家にお世話になるのもありかもしれません。準備期間として。

 

3. 付き合う人を変える。

友人付き合いは「狭く深く」派なケリーにとって、結構勇気と労力を使う選択ではありますが、これは大切なことだと思います。実際に最近、ビジネスセミナーへの参加や、別業界で活躍する友人に連絡をとって会う機会を作ることで、新たなアイディアや希望が見えてとても新鮮です。自分にとってとてもいい影響になっていると実感しています。

 

急に自分を変えることは厳しいですが、継続していくことで

最終的に自分の目標とすることに直接影響するものだと思っています。

始めは慣れずに不安になったり疲れたりするかもしれませんが、

何事にも人は慣れるものです。

 

上記の3点を意識して生活していきたいと思います。

ケリーはまだまだ社畜中なので、これといった成果報告がまだできないのですが、将来この記事を振り返ったときに、どう思うのか楽しみです✨

 

日曜の夜・・・

辛いのはあなただけじゃない!

一緒に乗り越えましょう!!!!