筋肉痛が快感。

結婚の「け」の字も見えない、ごく普通の一般人、転職続きのダメOLが社畜卒業を目指して奮闘します!

MENU

【韓国旅行】大人のソウル旅行記 2泊3日② アシアナ航空の素敵なCAさんありがとう

前回までのストーリーはこちら

 

そんなヘビーな朝を乗り越え

なんとか機内に乗り込みました。

 

 

が・・・・なんと機内は満席・・・・

 

キモチワルイ・・・・

本当にやばい。。。。

 

 

手にはビニール袋を持ち

小さくなっている私を

横に座っていた外国人が不安そうにこちらを見ている。

 

 

今考えたら、あの時の私臭かったかもしれない(笑)

結局シャワーも浴びず、前日の居酒屋のにおいを纏ったままだったと思う。

本当にごめんなさい。

 

 

とにかくその時は

そんなことを考えている余裕などもちろん皆無で、

このまま離陸はまじでヤバいと判断し、

 

近くを通ったCAさんをかすれた声で呼び止め、

「I feel so sick....後ろでもいいから、空いている席に座らせてくれますか・・・」

と、英語でお願いしました・・・英語喋れてよかったー(笑)

 

 

そしたら、そのCAさんが別の先輩CAさんを連れてきてくれて

 

 

「こちらにどうぞ」

 

って、本当に空いている周りに人が全くいない席に案内してくれて・・・涙

 

 

「ちょっと腕を診せて」と言って

私の腕を触りながら「ここ痛い?ここは?」と

なにやら診断が始まり、

 

 

無事私がただの二日酔いであるということがそのCAさんにバレたのであった。

 

(笑)

 

ニヤリとしたCAさんが、離れていったかと思ったら

毛布と胃腸薬を持ってきてくれて・・・・泣

しかも、今飲む用の薬と

現地に到着してからも飲めるようにって余分に薬をくれて・・・泣

 

 

本当に神様かと思いました。

 

 

その薬を即飲み込み、

機内ではひたすら丸くなっていました。

 

 

仁川空港に到着したときには、

あの悪夢が嘘だったかのようにすっかり体調が回復していて

もう気分爽快!(笑)

 

 

降機時にその神様CAを探し、

ビジネスクラス担当だったらしいその神様CAに

心から感謝の気持ちを述べ、勝手に熱い握手をかわし

ルンルンで新たな旅の始まりを感じましたとさ。

 

 

本当にアシアナ航空で良かった。

LCCじゃなくてフルサービスキャリアで良かった。

 

 

そんなこんなで、無事ソウル旅行がスタートしました。

ご清聴ありがとうございました。

 

 

ここまでは旅行記ならぬケリーの茶番でしたが

次の記事からきちんとソウルレポしたいと思います。